Un jour spécial!

ちょっとだけ、スペシャルな毎日。

7年目の311

目覚めた旦那さんが

「君のお父さんがなくなる夢見た」

と言いました。

311

不吉。

電話をすると元気でしたので、お米を送ってくれるように頼みました。